【自主改善】オーリンズ製リアショック 計234本

掲載日: 2015年04月21日(火) 更新日: 2015年04月28日(火)
この記事は 2015年4月21日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = 国土交通省

国土交通省では、カロッツェリアジャパンが届け出たオートバイ用オーリンズ製リアショックアブソーバー計234本の自主改善情報を掲載している。

オーリンズ※参考画像(画像はTTX-GPシリーズ)
以下WEBサイトより
2015年4月21日

■自主改善開始日/平成27年4月21日
■不具合の内容
アフターマーケットで販売しているオートバイ用 OHLINS 製リアショックアブソーバーの一部において、ショックアブソーバー内のピストンとピストンシャフトを締結するナットの締め付け工程が不適切なため、正しいトルクで締めていても緩む場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ナットが外れ、緩衝機能が低下して、走行安定性を損なうおそれがある。
■改善の内容/製品番号及びバッチナンバーを確認し、該当するものは、リアショックアブソーバーを分解し、ピストン及び接続する部品を正しい方法で組み直しを行う。
■クレームの件数/0件
■事故の有無/なし
■使用者に周知させるための措置/弊社又は販売店を通じてダイレクトメール等により連絡する。
■問い合わせ先/株式会社カロッツェリアジャパン TEL 03-5851-1853

オーリンズ
オーリンズ

>>国土交通省の詳細情報はコチラ

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ