バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

車両情報

イベント情報

バイクブロス通販ブログ

ブランドボイス

【ヤマハ】 インドネシア市場向けの新型車 FORCE 発表

掲載日: 2013年06月19日(水) 更新日: 2013年12月10日(火)
この記事は 2013年6月19日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = ヤマハ発動機株式会社

ヤマハは、インドネシア市場向けの新型モデルとなるFORCEを発表した。このモデルは、排気量115ccのマニュアルモデル。マニュアルモデルといっても、車両写真で確認できるとおりクラッチレバーは見当たらない。遠心クラッチのロータリー式のミッションと見ることができる。

ヤマハ FORCE
以下リリースより
2013年6月17日

インドネシア市場向けの新製品「FORCE(フォース)」
コストパフォーマンスに優れたFI採用MTモデル

ヤマハ発動機株式会社は、<扱いやすく気軽に乗れるベーシックモデル>をコンセプトとした、115ccのFIエンジン搭載のMT(マニュアルトランスミッション)モデル「FORCE(フォース)」を、2013年6月よりインドネシア市場に導入します。製造・販売は、インドネシアのグループ会社YIMM(PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。

「FORCE」は、日常での使い勝手に主眼をおき、1)取り回しに優れるコンパクトな車体、2) FI採用などによる優れた経済性、3) トルクフルなエンジン特性と素直な操縦性、4)タンデム乗車でも快適なワイド&ロングシート、などが特徴のモデルです。

ボディデザインはしなやかで躍動的な雰囲気を強調、カラーリングは、上質感を感じさせる“エレガント”な4色と、10代の若者をターゲットに若々しさ、躍動感をダイナミックなカラーコンビネーションで表現した“スポーティ”な3色の計7色設定です。

インドネシアの二輪車市場は約700万台の規模(2012年/ヤマハ調べ)で、MTモデルの比率は約30%です。近年はAT(オートマチックトランスミッション)モデルの増加に伴いMTモデルの割合は減少傾向にありますが、実用性やコストパフォーマンスの高さにより市場で根強い人気があります。 現行の「JUPITER MX」、「JUPITER Z1」、「Vega RR」に今回の「FORCE」を加えたラインナップの強化により、当社はインドネシア市場におけるMTカテゴリーのシェア拡大に努めます。

■商品名/FORCE
■発売日/2013年6月
■メーカー希望小売価格/13,300,000ルピア

ヤマハ FORCE ヤマハ FORCE
ヤマハ FORCE ヤマハ FORCE
ヤマハ FORCE ヤマハ FORCE

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう