【ヤマハ】 タイ市場向けスクーターFINOがフルモデルチェンジ

掲載日: 2013年03月25日(月) 更新日: 2013年12月10日(火)
この記事は 2013年3月25日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = ヤマハ発動機株式会社

ヤマハは、タイ市場向けのスクーターFINO(フィーノ)をFI化した新型車を発表。3月下旬からタイ市場で発売することを発表した。

YAMAHA/FINO
以下リリースより
2013年3月25日
YAMAHA/FINO


タイ向けATコミューター「FINO(フィーノ)」が初のフルモデルチェンジ
よりスタイリッシュに進化したデザインに、FI搭載エンジンで経済性向上

ヤマハ発動機株式会社は、当社独自のFI 技術“YMJET-FI”※採用の115cc 新エンジンをスタイリッシュな車体に搭載した新型ATコミューター「FINO」を、2013 年3 月下旬よりタイ市場にて発売します。なお、製造・販売はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)が行います。

年間約200万台で推移するタイの二輪車市場は、好調な経済に支えられ2012年は約213万台(ヤマハ調べ)と過去最高を記録、今後も微増傾向が見込まれています。

2006年に導入の初代FINO は、ファッション性の高いATコミューターとして若者を中心に人気を博し、発売以来7年間で累計約150万台を販売しています。近年は低燃費志向の高まりもあり、FI を採用した新生FINOの誕生を待ち望む声が多くありました。

初のフルモデルチェンジとなる新型「FINO」は、機能性とデザインの両立を求めるタイ市場の嗜好に応えるため“Stylish & Smart FINO FI”をコンセプトに開発、FI採用による低燃費化に加えデザインや実用機能を大きく進化させており、既存の「FINO」ファンだけではなく、新たな顧客獲得も目指します。

デザインは、先代「FINO」のDNAを引き継ぎながらさらにスタイリッシュに進化させ、アクティブで伸びやかなボディラインや、ジュエリー感を演出したヘッドライト・テールライトなどが特徴です。また、“YMJET-FI”採用などにより経済性、快適性能(低振動化、始動性向上)を高めた新エンジンに加え、アンサーバック機能を備えた多機能リモコンキーをヤマハ製アセアンモデルとして初めて採用するなど、商品性を向上させています。

本モデルは、2012年12月に発表した当社の新中期経営計画にある「事業規模拡大・収益力向上」を担う製品のひとつであり、その高い商品性を、同市場でのさらなる販売拡大に繋げていきます。
※YMJET-FI:Yamaha Mixture Jet-Fuel Injection/主通路とは別に設けた副通路からのエアアシストを行い噴射燃料と空気を効率的に混合させ、実用域での燃費向上に貢献するFI システムです。

■名称/「FINO」
■発売/2013年3月下旬
■販売計画/24万台(発売より1年間、タイ国内)

YAMAHA/FINO YAMAHA/FINO
YAMAHA/FINO YAMAHA/FINO
YAMAHA/FINO YAMAHA/FINO
YAMAHA/FINO YAMAHA/FINO

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。