【改善対策】 ヤマハ4モデル計27万台超のスロットルケーブル

掲載日: 2011年10月18日(火) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2011年10月18日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

情報元 = ヤマハ発動機株式会社

ヤマハは、ギア(BX50/BX50S/BX50N)、ジョグ(CE50)、VOX(XF50/XF50D)、ビーノ(XC50/XC50D/XC50R/モルフェXC50H)に関する改善対策を10月18日に発表した。

以下リリースより

ギア(BX50/BX50S/BX50N)、ジョグ(CE50)、VOX(XF50/XF50D)、
ビーノ(XC50/XC50D/XC50R/モルフェXC50H)に関する改善対策をご案内します。

この度は、弊社の改善対策に関しまして、ご愛用者の皆様には多大なご迷惑をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます。現在、改善対策対象車を保有されているお客様には、ご購入いただいた販売店にて無償修理を実施致しております。ご多忙のところ大変恐縮ではございますが、何卒ご協力賜りますようお願い申し上げます。

改善対策届出番号/411
改善対策開始日/平成23年10月19日
不具合の部位(部品名)/加速装置(スロットルケーブル)

不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
加速装置において、スロットルケーブル周りの防水構造が不適切なため、雨天時の走行等により、当該ケーブル内部に水が浸入することがある。そのため、外気温が氷点下の環境において当該ケーブル内部に滞留した水が凍結し、最悪の場合、走行中にアクセルグリップが戻らなくなり、エンジンの回転が下がらなくなるおそれがある。

改善対策の内容
全車両、スイッチケース下部のケーブルを固定するステイに補強板を追加するとともに当該ケーブルの防水ブーツの両端にクリップを追加し、さらに当該ケースの締付けボルトを車両前方側に隙間を生じない締付け順に変更する。また、スロットルケーブル内の水分を除去するため、ケーブル内のエアブローを行うが、ビーノモルフェXC50Hは構造的にエアブローができないため、ケーブルを新品と交換する。

>>メーカーの詳細ページはコチラ

[ お問い合わせ ]
ヤマハ発動機販売株式会社
市場改修お客様相談窓口(受付時間/10:00~12:30、13:30~19:00 無休)
TEL/0120-133-120

ヤマハ発動機販売株式会社
営業統括部サービス部
(各受付時間/10:00~12:30、13:30~18:00 祝日、弊社所定の休日等を除く)

北海道営業所サービス課
TEL/011-222-6151

東北営業所サービス課
TEL/022-772-7083

サービスセンター関東
TEL/048-449-6232

中部営業所サービス課
TEL/052-939-1785

サービスセンター西日本
TEL/06-6397-6171

九州営業所サービス課
TEL/092-411-3785

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ