【ドゥカティ】 新エンジン搭載のストリートファイター848を発表

掲載日: 2011年09月13日(火) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2011年9月13日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = ドゥカティ ジャパン株式会社

ドゥカティ ジャパンは、ハイパフォーマンスなネイキッドモデルとしてストリートファイター848を9月12日発表した。日本への導入時期や価格は後日となる模様。

以下リリースより

MY2012 ドゥカティ ストリートファイター848 を発表
自信に満ちた、究極のファイター

ストリートファイター848は、先進のエンジニアリングを搭載した新設計のテスタストレッタ11°エンジンに、ジオメトリーの向上により理想的な俊敏性と圧倒的なライディングフィールを実現したフレームを巧みに組み合わせ、純粋なライディングプレジャーを提供する。ストリートファイターのユーザーフレンドリーなキャラクターは、新エンジンのスムーズでフレキシブルなパワー特性、改善されたエルゴノミクス、そしてDTCによってさらに強化され、ドゥカティならではのファイタースタイルが提供する興奮と感動は、さらに昇華される。

ドゥカティ ストリートファイターは、2008年11月のミラノショーで鮮烈なデビューを飾り、全身に纏うエレガンスは、「The Most Beautiful Bike in the world(世界でもっとも美しいバイク)」アワード受賞に繋がっただけでなく、エクストリームネイキッドの美的水準をさらに高め、新たなベンチマークを打ち立てた。アスファルトにおける圧倒的なパフォーマンスは、世界中のネイキッドエンスージアストの心を捕らえた。新しいストリートファイター848は、高い洗練性と日常の扱いやすさにより、ストリートファイターの名声をさらに高めるものだ。

848テスタストレッタ11°エンジンは、デスモドロミックエンジニアリングの傑作と言っても過言ではない。132HP(97kW)*の最高出力と9.5kgm(93.5Nm)*の強力な最大トルクを誇るパワーユニットは、ムルティストラーダとディアベルに搭載され、すでに高い評価を得ている革新的なカムタイミングテクノロジーによって、極めてスムーズかつ精度の高い吹け上がりを見せる。この新エンジンは、まさしくストリートファイターの名にふさわしいパフォーマンスを提供し、改良のメスが入れられたシャシエルゴノミクス、サーキットからフィードバックされた8つの感度レベルをもつドゥカティ・トラクションコントロール(DTC)が、快適性と自信に溢れたライディングを約束する。

ニュー ストリートファイター848の乾燥重量は、169kgにすぎない。カラーバリエーションは、ドゥカティ伝統のレッド(フレームカラーもレッド)のほか、イエローとダークステルスも用意され、ストリートファイターのアグレッシブなイメージを強調する。なお、イエローまたはダークステルスを選択した場合、フレームカラーはレーシングブラックとなる。

*エンジン諸元値はイタリア本国仕様
日本への導入時期、価格等は後日発表予定

[ お問い合わせ ]
ドゥカティ ジャパン株式会社
TEL/03-3794-5001

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ