【スズキ】 ビッグスクーター「スカイウェイブ650LX」がマイナーチェンジ

掲載日: 2011年05月16日(月) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2011年5月16日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = スズキ株式会社

スズキは、650cm³ ビッグスクーター「スカイウェイブ650 LX 」を一部改良して、2011年6月6日(月)より発売することを発表した。

以下、リリースより

●主な変更点
・車体色をパールミラージュホワイト・オールトグレーメタリックの2色設定とした。
・スピードメーターパネルのデザインを変更。
・フロントフェンダー左右の 「ABS」 ステッカー貼付位置を左ヘッドライト上一箇所へ変更。

●主な特長

・メーターは機能を集約した大型液晶を中央に配し、多彩な情報を見やすくレイアウトした。
・638cm³ の水冷 DOHC4バブルエンジンにより、ゆとりのある力強い走りを実現し、6段変速マニュアルモードの選択が可能な電子制御式 CVT や、大径ラジアルタイヤによる快適な乗り心地と高い走行性を実現。
・国産スクーター唯一の電動可動式スクリーンや、スイッチ操作で折りたたみが可能な電動格納式ミラーを採用。また、制御時に車輪のロックを抑止し、適切な制動力を発揮する電子制御式 ABS (アンチロック ブレーキ システム)などを採用している。

商品名/スカイウェイブ650LX
車体色/パールミラージュホワイト、オールトグレーメタリック
メーカー希望小売価格(消費税込み)/1,113,000円
発売日/2011年6月6日(月)

メーカーHPはコチラ>>

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ