【スズキ】 使い勝手と快適性を追求して「アドレスV50」がマイナーチェンジ

掲載日: 2011年05月16日(月) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2011年5月16日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = スズキ株式会社

スズキは、50 cm³ スクーター「アドレスV50」を一部改良して、2011年5月24日(火)より発売する。

以下、リリースより

●主な変更点
・前後ホイール色を黒に変更。
・スピードメーターパネルのデザインを変更。
・車体サイドの車名ロゴデカールのデザインを変更。

●主な特長
・直線基調のデザインで幅広い年齢層の男性をターゲットとし、通勤・通学での使い勝手と快適性を追求。
・搭載される4サイクルエンジンには、燃費と始動性に優れるフューエルインジェクションを採用。さらに、軽量ボディでありながら長身の人でもゆったりと乗れる車体サイズに加え、間口の広いフロントインナーラック、通勤かばんなどをかけられるストッパー付きのかばんホルダー(大型コンビニ用フック)を採用し、収納面も充実させている。

商品名/アドレスV50
車体色/グラスシャインブラック、ソリッドスペシャルホワイトNo.2
メーカー希望小売価格(消費税込み)/151,200円
発売日/2011年5月24日(火)

メーカーHPはコチラ>>

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ