【ホンダ】スーパースポーツモデル「CBR600RR」のカラーリングを変更し発売

掲載日: 2010年12月06日(月) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2010年12月6日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = 本田技研工業株式会社

ホンダは、高性能なエンジンを軽量かつ剛性の高いアルミフレームに搭載したスーパースポーツモデル「CBR600RR」のカラーリングを変更し2010年12月10日(金)に発売する、と発表した。

以下リリースより
CBR600RR<ABS> ロスホワイト(トリコロール)
CBR600RR<ABS> ロスホワイト(トリコロール)
CBR600RR ヴィクトリーレッド
CBR600RR ヴィクトリーレッド

今回は、「CBR600RR」(ABS搭載タイプを含む)の車体色に、白を基調としたボディに精悍なブルーとレッドを合わせ洗練されたトリコロールイメージを創出するロスホワイトと、レッドとブラックがレーシングスピリットを感じさせるヴィクトリーレッドを採用。視覚的な魅力を追求し機能美あふれるスタイリングとしている。

「CBR600RR」は、国内では2003年7月に発売、2005年1月と2007年5月にフルモデルチェンジを行い動力性能と車体の取り回しやすさを向上させ、20代を中心に幅広い年齢層のユーザーから高い支持を得ているスーパースポーツモデル。ツーリングからサーキット走行まで、あらゆるライディングシーンで高い走行性能を発揮。また、スーパースポーツモデル用に世界で初めて開発した電子制御式“コンバインドABS”をタイプ設定することで、選択の幅を広げている。

●販売計画台数(国内・年間):シリーズ合計 350台

●メーカー希望小売価格
CBR600RR
1,098,300円(消費税抜き本体価格 1,046,000円)

CBR600RR<ABS>
1,266,300円(消費税抜き本体価格 1,206,000円)

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれていない。

CBR600RR<ABS> ロスホワイト(トリコロール)
CBR600RR<ABS> ロスホワイト(トリコロール)
CBR600RR<ABS> ヴィクトリーレッド
CBR600RR<ABS> ヴィクトリーレッド
CBR600RR ヴィクトリーレッド
CBR600RR ヴィクトリーレッド
CBR600RR ロスホワイト(トリコロール)
CBR600RR ロスホワイト(トリコロール)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ