ホンダ「VT1300CR」「VT1300CS」発売

掲載日: 2010年04月13日(火) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2010年4月13日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = 本田技研工業株式会社


VT1300CR(キャンディーグレイスフルレッド)

本田技研工業株式会社から、ロー&ロングフォルムを強調した車体に、鼓動感あふれる水冷・4ストローク・V型2気筒1,300ccエンジンを搭載した大型クルーザーモデル「VT1300CR」と「VT1300CS」が発売される。発売日はVT1300CRが4月28日(水)、VT1300CSが5月18日(火)となる。

VT1300CRとVT1300CSは、新設計のフレームと鼓動感あふれる美しい造形のV型2気筒エンジンを共用しながら、ホイールサイズやハンドルバー、フェンダーなどをそれぞれ専用設計とすることで、タイプの異なる個性的なスタイリングを実現。それぞれ、前・後輪連動ブレーキシステムに ABSを組み合わせた、コンバインドABSをタイプ設定している。

VT1300CRのデザインは、重厚でレトロなイメージでまとめたモデル。フレームは、ステアリングヘッド部を低く設計し、地を這うようなロー&ロングの特徴的なスタイリングを実現した。また、フロントに17インチ、リアに15インチの幅広いタイヤと、タイヤを覆うような深い前・後フェンダーを装備することで、重厚でレトロな雰囲気を醸し出している。さらに、流麗で伸びやかなフューエルタンクや、逞しい造形のエンジン、デュアルマフラーなどにより存在感を際立たせているのも特徴だ。

一方、VT1300CSのデザインは、スポーティーでストリートテイストあふれるイメージでまとめられている。フロントは大径の21インチ、リアには15インチのタイヤを装着。前・後フェンダーは軽快なナロータイプを採用しスポーティーな外観としている。 エンジンは、VT1300CR、VT1300CSともに、力強く鼓動感あふれる水冷・4ストローク・V型2気筒1,300ccを搭載。電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※)の採用などにより、上質な走りを実現。また、エンジンの外観は VT1300CRはブラックを、VT1300CSはシルバーを基調に、それぞれシリンダーヘッドカバーにクロームメッキを施し、逞しさと造形の美しさを際立たせている。

発売日:
VT1300CR 4月28日(水)
VT1300CS 5月18日(火)

メーカー希望小売価格:
VT1300CR       1,249,500円(消費税抜き本体価格 1,190,000円)
VT1300CR<ABS> 1,323,000円(消費税抜き本体価格 1,260,000円)
VT1300CS         1,249,500円(消費税抜き本体価格 1,190,000円)
VT1300CS<ABS> 1,323,000円(消費税抜き本体価格 1,260,000円)

公式サイト:http://www.honda.co.jp/VT1300/

VT1300CR(グラファイトブラック)

VT1300CS(キャンディーグローリーレッド)

VT1300CR(グラファイトブラック)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ