ホンダ 「シルバーウイングGT400」が発売

掲載日:2009年03月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リリース = 本田技研工業株式会社

シルバーウイングGT400本田技研工業株式会社から、400ccの大型スクーター「シルバーウイング400」が、新たに「シルバーウイングGT400」としてフルモデルチェンジして、3月19日(木)より発売される。

今回シルバーウイングGT400は、開発コンセプトとして「Luxury(ラグジュアリー) GT 2-Seater(シーター)」を掲げ、ネーミングには新しく「Gran Turismo(グラン ツーリスモ)」を意味するGTを取り入れ、パフォーマンスや快適性、一層の上質感を追求。一新した外観デザインは、質感を高めながらも車体全体を引き締まったフォルムとすることでスポーティー感を兼ね備えたスタイリングとしている。また、空力性能を徹底的に追求したフォルムは、高速巡航時の優れた快適性に寄与している。

 従来から電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を搭載しているエンジンは、バルブのリフト量とタイミングを見直し、高回転型に変更するとともに細部の熟成を図ることで、より力強く高速域でも軽快でゆとりのある走りを実現。環境面では、排気ガス中の酸素濃度を検知するO2センサーを新たに搭載し、より最適に燃料噴射量を制御するとともに、新採用のデュアルコアキャタライザー(触媒装置)をマフラー内に配置し、国内二輪車排出ガス規制に適合させている。さらに、これらの装置とPGM-FIが相まって、定地走行燃費(60km/h)を32km/Lとし、従来から約7%向上させるなど、総合的に環境性能を高められている。

 2001年9月に発表したシルバーウイング400は、その上位モデルであるシルバーウイング600をベースに開発され、600ccと共通の存在感のあるスタイリングとパワフルな走りを実現するモデルとして特に30、40代から支持を得てきた。今回、8年ぶりのフルモデルチェンジを図り、高級感のある外観と、力強く乗り心地の優れた走りを具現化し、GTの名に相応しいモデルとなっている。

発売日:2009年3月19日(木)
メーカー希望小売価格:
シルバーウイングGT<400>   777,000円(消費税抜き本体価格 740,000円)
シルバーウイングGT<400>ABS 829,500円(消費税抜き本体価格 790,000円)

問合せ先:ホンダお客様相談センター TEL:0120-086819
公式サイト:http://www.honda.co.jp/SILVERWING/

過去の関連ニュース

【ヤマハ】125ccスクーターSoul GTをインドネシアで発売

【ヤマハ】125ccスクーターSoul GTをインドネシアで発売

2015年3月4日 車両情報

ヤマハは、インドネシアで125ccスクーターのSoul GTを2015年3月に発売する

【キムコ】16インチホイールのスクーターTersely GT125i発売

【キムコ】16インチホイールのスクーターTersely GT125i発売

2015年12月2日 車両情報

キムコは16インチホイールを履いた原付2種スクーターTerselyGT125iを発売

【リコール】BMW C650GTほか計1,288台

【リコール】BMW C650GTほか計1,288台

2016年2月18日 車両情報

国土交通省はBMWC650SportとC650GT計1,288台のブレーキホースのリコール情報(外-2311)を掲載

【BMW】新しくなったC650SportとC650GTを3/11発売

【BMW】新しくなったC650SportとC650GTを3/11発売

2016年1月29日 車両情報

BMWは、大型スクーターのC650 SportとC650GTの2モデルを、2016年3月11日から全国の正規販売店で発売する。

あらゆる事柄をライダーにリサーチ

よく読まれているニュース

車両情報の新着ニュース

バイク車両情報メニュー

ニュースのカテゴリ一覧