バイクと”一緒に”泊まれるテントが最大30%OFFで先行発売中!

掲載日: 2018年05月30日(水) 更新日: 2018年05月30日(水)

輸入事業を手がけるPyon&Johnは、米アウトドアブランドRedverzのバイク乗り用大型テント『Atacama(アタカマ)』の先行販売をクラウドファンディングで開始した。

テントには寝室とは別に広い前室が設けられており、その前室はアドベンチャークラスの大型バイクがすっぽりと収まるサイズとなっている。寝室は大人3人が横になることができるサイズで、立ったまま着替えることも可能。

定価価格は10万8900円だが、クラウドファンディングの先行販売では先着7名に限り7万6230円、時点の15名は8万7120円で購入できる(価格は全て8%税込み)。先行販売期間は2018年6月30日(土)までとなっているので、気になる方は早めにチェックしよう。

バイク乗りだからって、“ぼっち”が好きなわけじゃない。
みんなでくつろげるツーリング用大型テント「ライダーズベース」発売。

欧米で革命を起こしたバイカー用テントがついに日本初上陸!!

U.S.A.発!オートバイと一緒に泊まれるテントが登場
輸入事業を展開する「Pyon&John」は、アメリカ発のアウトドアブランドRedverzのオートバイ専用テント「Atacama(アタカマ)」をクラウドファンディングにて先行販売を開始しました。2018年6月30日まで。

■雨/砂埃/盗難から大切なバイクや自転車を守る!アウトドア用テント「Atacama(アタカマ)」。

バイク1台と2人分の居住スペースが備わりバイクのほかに、3人が横になって眠ることができます。また折りたたむと53cm×23cmの大きさまでコンパクトになるため、バイクの後ろに積んで簡単に持ち運ぶことが可能です。

■革新的デザイン、欧米で人気に火がつく!海外専門誌でも絶賛

Atacama(アタカマ)はまずアメリカで火がつきました。大切なオートバイはもちろん、ヘルメットやキャンプ道具も一緒に収納できるので、就寝時の盗難の心配がありません。大柄な男性二人でも余裕をもって横になることができます。

“最終的に行き着くテントがこれだ”、”最高の機能だ。雨から守られてる為、朝起きて露を拭き取ることはもうない。雨でもテントの中で着替えられたり、食事ができたりまるでシェルターだね”、”なぜ、すべてのテントにオートバイ用のコンパートメントがないのですか?”

■高さ195センチ!余裕で立って着替えられます。

■梅雨・台風シーズンに大活躍!

バイク収納スペースは、雨に濡れないよう屋根が張れる仕組みで、サイズは254×96cm。バイクがすっぽり収まります!(BMWの「GS」でもスッポリ収まる安心サイズ。)バイクだけでなく、自転車等で使用することも可能です。

■全天候型で広々空間!

急な集中豪雨の時に、オートバイと一緒に避難できて、広々スペースで料理までできたら最高ではないでしょうか。

・狭いテントで這うように移動するのはもういやだ。
・寝てる間オートバイが心配だ。
・荷物が濡れてしまった。
・パートナーがキャンプを嫌がる。
・愛車を雨ざらしにしたくない。
・雨でもコンロで料理したい。

Atacama(アタカマ)が全て解決します。

■2018年6月30日までクラウドファンディングにて先行販売
・クラウドファンディングサイト
https://greenfunding.jp/piucrowdfunding/projects/2255

■販売価格(税8%込み)
・超早割先着7名/7万6230円(30%OFF)
・早割先着15名/8万7120円(20%OFF)
・(参考)定価/10万8900円

リリース =Pyon&Jonh

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。