バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

車両情報

イベント情報

バイクブロス通販ブログ

ブランドボイス

手のひらにやってきた「職人のワザ」。これ1本で、グラム単位の締め込み、免許皆伝

掲載日: 2008年11月26日(水) 更新日: 2014年10月31日(金)
この記事は 2008年11月26日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

9.5sq.デジラチェ GEK060-R3 ◎2万9000円 取材協力=KTC

9.5sq.デジラチェ GEK060-R3パワーセンサーを搭載した、
扱いやすい小型トルクレンチ

工具が大好きだ。とりわけ整備士の手の中で生き物のように動き回るさまは、なんともかっこいい。自分もあんな工具を持てば、同じようにできるかも…な~んて思ったって、実際はボルトの締め付けさえ満足にできないのだから仕方ない。だって締め付けが弱すぎるとすぐにボルトが緩むし、締めすぎるとパーツを壊したり、けっこう難しいのだ。

で、そんな僕のためにトルクレンチがあるのだけれど、KTCの「デジラチェ」はこんなに小型で、しかもアナログのメモリではなくデジタル表示なので、とってもわかりやすい。こんなものがあったなんて! これで僕もプロと同じ工具使いに?(金子知裕/編集部)

9.5sq.デジラチェ GEK060-R3

【1】トルク測定範囲は、12-60N・m/kgf・m/lbf・in/lbf・ftへの換算も可能。写真の12画ソケット8-17mmがセットになったモデル(TB306WG1 ◎3万6000円)。

【2】締めつけたいトルク値をフロントパネル表示に設定し、ボルトを締めていく。設定トルクの90%に達すると「ピッピッ」と音が鳴り、設定値になると「ピー」、設定値をオーバーすると警告音で知らせてくれる仕組みだ。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう