【東京モーターサイクルショー2019出展速報】OVER RACINGブース

掲載日: 2019年03月25日(月) 更新日: 2019年03月26日(火)

2019年3月22日(金)~24日(日)の日程で開催された第46回東京モーターサイクルショー。オリジナリティあふれるカスタムパーツの製造・販売を手掛けるOVER RACING(オーヴァーレーシング)のブースでは、ビッグバイクからミニバイクまで、同社製カスタムパーツを数多く身につけたマシンが展示されていた。

モンキー125カスタムには、GP-SIX チタンホイールや4ポジションバックステップ、スポーツライディングハンドルなどが組み込まれている。ノーマルの雰囲気を活かし、うまくまとめ上げた印象だ。

モンキー125でひときわ目立っていたのが、GP-Performance XL フルチタンマフラー。曲げの角度や焼き色具合など、まるで工芸品のような美しさだ。

スイングアームやハンドル、サブフレーム、スプロケカバーなど、多くのオーヴァーレーシング製カスタムパーツを身につけたZ900RS。

Z900RSのマフラーは焼き色のないフルチタンのメガホンタイプ(参考出品)が装着されていた。

Z900RS用のスイングアーム、タイプ11は195,480円(税込)。展示車両に組み込んであったのは、オプションのブラックガンコート仕上げされたタイプだ。

ブース壁面にはT-MAX530用などのGP-TENホイールも展示されていた。アルミ鍛造のため、純正よりかなりの軽量化と剛性の向上が可能だ。

赤いトラスフレームが特徴的なOV-29フレームキットを組み込んだグロムのレーシングカスタム。キットにはフレーム本体と専用ステップ、タンクカバー、シートカウルが含まれ、価格は293,760円(税込)。カーボン仕様はオプション予定だ。

OV-29のトラスフレームに続くシルバーの部分はアルミ削り出し。軽さと強度のほか、美しさも兼ね備えている。

こちらは同じOV-29グロムの公道走行可能なストリートバージョン。手軽にフレームカスタムを楽しめるよう、スイングアームなどは純正のままで使用可能だ。

ストリートバージョンに装着されたツインメガホンマフラーはまだ開発中のもの。レース仕様と似た外観だが径など細かい仕様が違う。近い将来市販化を実現したい、とのことだった。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ