【東京モーターサイクルショー2019出展速報】ヨシムラブース

掲載日: 2019年03月25日(月) 更新日: 2019年03月25日(月)

2019年3月22日(金)~24日(日)の日程で開催された第46回東京モーターサイクルショー。65周年を迎えたヨシムラブースでは、「GO BEYOND THE YOSHIMURA~ヨシムラを越えるのはヨシムラ」がテーマ。話題の新型カタナをはじめ、現行人気車種やこれまでの名車など、ヨシムラのパーツを装着した多くの車両を展示していた。

スズキブースでも話題となっていた新型カタナが早くも登場。参考出品のチタンサイクロンマフラーのほか、開発中のレバーガードやラジエターコアプロテクターなどを装着していた。

参考出品とされていたチタンスリップオンサイクロンは、通称バナナ管と呼ばれるタイプ。シャープなエッジを持つ新型カタナにも意外と似合っていた。

限定5台だけ製作され、伝説のカタナと呼ばれるコンプリートモデル「1135R」も展示されていた。オリジナルから40kg以上軽量化され、最高出力は150PSを越えるという。

現行の人気車種であるカワサキZ900RS。近日発売予定の手曲ストレートサイクロンマフラーをはじめ、開発中のパーツが数多く装着されていたため、Z900RSオーナーの熱い視線が注がれていた。

こちらは元祖Z1。チタンのレーシング手曲サイクロンマフラーはストレートタイプで、参考出品となっていた。Z900RSと見比べるのも楽しい。

ブース内には各車種ごとにパーツをまとめて展示。どんなパーツがあるのか、次に何を装着しようか、など楽しみながら見られる仕組みだ。

ブース内ステージでは開催初日に「ヨシムラスズキMOTULレーシング」として全日本ロードレース選手権JSB1000クラス&鈴鹿8耐への参戦発表会が行われた。参戦車両のスズキGSX-R1000Rはそのまま会期中も展示されていた。

モンキー125に装着されていたのは機械曲のストレートサイクロン、近日発売予定だ。アルミエンジンカバーやステップキット、サイドカバーなど開発中アイテムも装着されていた。

こちらは50ccベースのモンキー。チタン手曲サイクロンTYPE-3を装着、キャブやシリンダーヘッドも変更され、88cc仕様となっていたようだ。

ブースではハードなパーツばかりでなく、マグカップなどのグッズやオリジナルアパレルも展示、販売され人気を集めていた。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ