【東京モーターサイクルショー2018出展速報】SYGNHOUSEブース

掲載日: 2018年03月26日(月) 更新日: 2018年03月27日(火)

2018年3月23日(金)〜3月25日(日)にかけて開催された第45回東京モーターサイクルショーでのサインハウスブースの模様をレポート。今年のトピックスは、何といってもイタリアン老舗スクーターであるランブレッタが復刻し、その販売を開始することだろう。初日はプレスカンファレンスもこの会場で開かれた。その他、最新のブルートゥースインカムであるビーコムやLED照明システムなど、人気商品群もよりパワーアップしていた。


サインハウスのブースは中央で二分割され、各種アイテムの紹介スペースと新星ランブレッタのお披露目スペースに分けられていた。


新型ランブレッタは、1960年代に大ヒットした往年のモデルをデザインモチーフに登場。会場には当時のモデルも展示されていた。


日本でのランブレッタ発売を可能にしたキーマンである野口英康氏(取締役副社長)が、挨拶に登壇。様々なバイクライフを提案できる人物である。


新生ランブレッタは、V50・V125・V200の三車種が同時にデビュー。MCは多聞恵美さんが受け持ち、会場を湧かせていた。


ブルートゥースインカムとして登場から10年目のビーコムは、最新型のSB6Xが登場。「聴くと話す」が切り替えなしで同時対応する。


ヘッドライトバルブで人気のLED RIBBONも多くのラインナップを揃えて展示。H.I.Dを凌ぐ明るさと圧倒的な長寿命が特徴である。


最新型のH7バルブも参考出品という形で展示されていた。その明るさは、3000ルーメンというから、驚きのLEDバルブである。


ハンドルバーに様々なアイテムを取り付けるマウントシステムも充実のラインナップ。その質感と耐久性は、飛び抜けている。

SYGNHOUSEのブランド紹介ページを見る

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ