バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

【東京モーターサイクルショー2018出展速報】カラーズインターナショナルブース

掲載日: 2018年03月26日(月) 更新日: 2018年03月27日(火)

2018年3月23日(金)〜3月25日(日)にかけて開催された第45回東京モーターサイクルショーでの、カラーズインターナショナルブースの模様をレポート。ストライカーのブランドで数多くのパフォーマンスパーツを提供しているカラーズインターナショナルの今年のトピックスは、新型のZ900RSに適合するマフラーやバックステップ等のパーツ群を発売すること。レースからのフィードバックで開発されるパーツ群に、大きな期待が寄せられそうだ。


展示ブースには、まだ試作段階のZ900RSがさっそく展示されていて来場者も注目する。その奥にはテイスト・オブ・ツクバを走るゼファー1100レーサーがあった。


今年最も注目されているネイキッドモデルは、やはりこのZ900RSだろう。トラディショナルなイメージを崩さないままモディファイすることがキモである。


現在はまだ試作段階のカーボン製フロントフェンダー。すでにスタイリッシュなシルエットを持っていた。


マフラーはフルエキのオールチタン。ストライカーブランドの中でも主力商品のマフラーは、このバイクにもさっそく装着された。スイングアームは試作品。


転倒時にフレームを守る役目のスライダーは、すでに完成したパーツとしてラインナップされている。


バックステップも様々な車種用が用意されていて、Z900RS用もすでに製品化されている。実際に手で触れて、そのクオリティを確かめることができた。


ブースの奥に展示されていたのは、テイスト・オブ・ツクバに参戦しているゼファー1100レーサーである。

ストライカーのブランド紹介ページを見る

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。