バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

【東京モーターサイクルショー2018出展速報】内商会/マッドマックス/MOSブース

掲載日: 2018年03月26日(月) 更新日: 2018年03月27日(火)

2018年3月23日(金)〜3月25日(日)にかけて開催された第45回東京モーターサイクルショーでの内商会/マッドマックス/MOSブースの模様をレポート。内商会はアルミビレットパーツがメイン。マッドマックスはマフラーと最新輸入ヘルメットを展示。MOSは、カーボンパーツを展示して、ユーザーニーズにレスポンス良く答える。共同ブースならではのアットホームな雰囲気が、来場者を和ませていた。


九州を本拠地とする内商会とマッドマックス。そして台湾のMOSという組み合わせ。3社とも、優れたパーツを輸入販売しているという長い実績がある。


内商会の独自ブランド、U-KANAYAの人気のブレーキ&クラッチレバーはビレットパーツ。今回はレバー調整をホイールタイプとした新製品を展示していた。


ホイールタイプは、レバー形状も丸みを帯びた外観に変更された。手に優しいレバーはユーザーも歓迎することだろう。


その他には、ブレーキのマスターシリンダーキャップもビレットパーツとして開発。多くの対応機種を揃えてラインナップする。


マッドマックスは、ヘルメットとマフラーの展示がメインで、実際にマフラーを装着したデモバイクも用意されていた。


今後日本への輸入販売が計画されているスペイン製のNZIヘルメットを先行展示。イラストのカラーリングやデザインも奇抜な注目されるヘルメットになりそうだ。


IXILサイレンサーは、大型スポーツバイク用のラインナップが多く、逆輸入スポーツバイクのほとんどが網羅されるラインナップが存在するという。


MOSは、台湾のメーカーであり、主力商品はカーボン製の外装パーツである。そのラインナップは各種スクーターからスポーツバイクまで幅広いものだ。


展示されていたのは、カーボン外装パーツのごく一部。鋳造ホイールの製作も得意分野で、新型マジェスティ用のホイールも展示されていた。

マッドマックスのブランド紹介ページを見る

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。