バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

【東京モーターサイクルショー2018出展速報】アライヘルメットブース

掲載日: 2018年03月24日(土) 更新日: 2018年03月27日(火)

東京ビッグサイトにて第45回東京モーターサイクルショー2018が3月23日(金)~25日(日)まで開催している。

西1ホールに出展しているアライヘルメットブース(ブースNO/1-06)では、既存のモデルから新作の「VZ-RAM(ブイゼット・ラム)」や「XD(エックスディー)」、参考出品モデルまで様々なヘルメットが展示された。また、なかなか多くのヘルメットを一ヵ所で試着できる機会がない中、フルフェイスからオープンフェイス、オフロードモデルまで多くのヘルメットが試着でき、その装着感を体感できるようなブースになっていた。

2018年の新作モデルコーナーではクルージングモデルのフルフェイスヘルメット「XD」とオープンフェイスの「VZ-RAM」が壁一面に。

新作のオープンフェイスの「VZ-RAM」はシールドシステムのアーム位置を従来のSZシリーズより14mm下げるように新たに設計されたもの。これによりヘルメットの側頭部がさらに滑らかになり安全性が向上している。また、シールドの脱着が簡単にできるようになったり、今までオープンタイプに装着できなかったプロシェードシステムも装着が可能になった。スネル/JIS規格適合品で価格は税込み4万9,680円~5万8,320円。

こちらはクルージングモデルの「XD」。シールド内の空気を循環させるベンチレーション機能が進化している。スネル/JIS規格適合品。価格は税込み4万9,680円~5万8,320円。

参考出品の「Concept-X」はトラディショナルなスタイルのフルフェイスヘルメット。見た目はレトロだが安全性や機能性などは現代基準で作られている。色はホワイト、シルバー、マットブラックの3色が展示された。

その他にも既存モデルの「VECTOR-X」やモダンクラシックな雰囲気がカッコイイ「CLASSIC MOD」、ハイスペックのオープンフェイス「SZ-RAM4X」も展示され試着が可能だった。

アライヘルメットのブランド紹介ページを見る

取材・写真・文 = バイクブロス・マガジンズ編集部

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

この記事を読んでいる方におすすめの商品

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。