【東京モーターサイクルショー2018出展速報】スズキブース

掲載日: 2018年03月24日(土) 更新日: 2018年03月24日(土)

2018年3月23日(金)に開幕した第45回東京モーターサイクルショー。スズキは初お披露目の車両こそなかったものの、大阪モーターサイクルショー同様に人気漫画家の描き下ろしイラストを使った巨大ブースの設置や、実車を使用したVR体験機など工夫を凝らしたブースの演出が功を奏し、ライダーのハートをガッチリ掴んでいた。また、スズキオフィシャルグッズを扱うスズキファンショップではコアなファンたちが開場後すぐに足を運び人気アイテムの争奪戦が繰り広げられた。


125から1000まで幅広いレンジとなったGSX-Rシリーズ。スズキのスポーツマインドが凝縮されたGSX-Rはやっぱり大人気。


GSX-Fシリーズはベテランライダーを中心に支持を得ているようだ。ポジションがいいよね、という声も聞こえてきた。


若いライダーが押し寄せていたGSX250R。ライバル車が多い中でも固定ファンを獲得しているモデルだ。


小排気量ストリートファイターにも力を入れている。原付2種のGSXーS125、軽二輪のジクサーと選択肢があるのも魅力。


250・650・1000と幅広いレンジで展開するVストロームシリーズ。250からスタートしてもちゃんとステップアップするモデルが用意されているのもVストロームシリーズの魅力だ。


フューエルセルのバーグマンはスズキが根気よく研究を続けるスタディモデル。


人気漫画家東本昌平先生による巨大な描き下ろしイラストと実車を並べ、そこへ来場者を参加させて写真スポットとしてしまうスズキのアイデアには脱帽! 2ヶ所あるスポットには長蛇の列ができた。


こちらも大人気コンテンツのVR体験コーナー。左右にバンクできるGSX-Rに跨ってVR体験ができるのだ。体験するなら早めにブースへ足を運ぼう。


スズキ純正のアパレルやグッズが購入できるスズキファンショップ。特に大人気なのはスズキ純正の湯のみ。サイクルショー初日は、一時間足らずで完売してしまった。二日目、三日目にも入荷は予定されているが、確実にゲットするなら開場直後に狙いたい。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ