バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

【東京モーターサイクルショー2018出展速報】ヤマハブース

掲載日: 2018年03月23日(金) 更新日: 2018年03月23日(金)

2018年3月23日(金)に開幕した第45回東京モーターサイクルショー。ヤマハはニューモデルのトレーサー900GTやMT-09SP、東京モーターショーでお披露目された市販予定車の3輪モデルNIKENなど注目のモデルを数多く展示していた。午前中に行われたプレスカンファレンスの席上で、電動トライアルバイク「TY-E」をサプライズで発表! さらに今年7月に開催される「FIMトライアル世界選手権TRIAL Eクラス」への参戦も明らかになった。


世界初お披露目となった電動トライアルマシン「TY-E」。黒山健一選手のライディングにより、7月14日・15日のフランス、7月21日・22日のベルギーで開催されるトライアル世界選手権TRIAL Eクラスに挑戦する。
【全長2,003mm×全幅830mm×全高1,130mm/ホイールベース1,310mm/最低地上高350mm/車重70kg以下】


モーターは交流同期モーターだが、トライアル競技に必要な瞬発力とコントロール性を確保するために、湿式多板のメカニカルクラッチ(油圧)を搭載している。また、バッテリーにはリチウムイオンバッテリーを搭載している。フレームをCFRPのモノコックとしているのも大きな特徴だ。


コンペマシンということもあり仕様諸元の多くはベールに包まれたまま。リアフェンダー裏には車体幅ほどの巨大なヒートシンクが設置されている。バッテリーまたはその他制御器用の冷却用かもしれない。


前述の通り、油圧式クラッチを装備するため、クラッチレバーがある。ハンドル前にある小さな箱はインジケーターのように見えた。


発表されたばかりのMT-09SP、トレーサー900GT。来場者の注目はかなりのもの。


大阪モーターサイクルショーでもそうだったが、トレーサー900GTへの期待度はかなり高い。


ホンダとの協業で製造が始まったビーノ。人気アニメ「ゆるキャン」の影響もあって、こちらの注目度もかなりのもの。初代から続くキュートなデザインは健在だ。


XSRシリーズなど人気のヘリテイジモデルも多数展示されていたブース。こちらはFASTER SONSのデモ車。ベースモデルはXSR700だが、ここまで化ける!


MotoGPマシンも展示。これはヤマハファクトリーレーシングのマーベリック・ビニャーレス選手のYZR-M1。市販車からレーシングマシンまで、今のヤマハを体感できるブースは期間中ぜひチェックして欲しい。

 

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。