バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

【東京モーターサイクルショー2018出展速報】KYMCOブース

掲載日: 2018年03月23日(金) 更新日: 2018年03月24日(土)

2018年3月23日(金)~25日(日)まで開催されている第45回東京モーターサイクルショー2018(東京ビッグサイト)。そこでのKYMCO(キムコ)ブースは、3月22日(木)に都内で世界初公開となったばかりの電動バイクプラットフォーム『Ionex(アイオネックス)』を中心に近未来を感じる演出がされていた。

また日本初公開となる『XCITING S 400i ABS』や、フロント2輪設計のコンセプトモデル『CV3』など注目モデルが展示されているので、キムコが提案する少し先の未来を体感しに今週末は東京ビッグサイトへ足を運んでみてはいかがだろうか。

3月22日に都内にてワールドプレミアを行ったばかりのバイクプラットフォーム「Ionex(アイオネックス)」に対応するモデル『Many EV』。バイクブロスのバイクニュースでも取り上げたばかりだ。

>>バイクニュース
【キムコ】電動バイクの充電や航続距離で悩まない!! 電動バイクプラットフォームIonexを公開

Many EVのアンダーシートボックスには交換用バッテリーが3本入り、足元のバッテリーボックスへ簡単に交換が可能。予備バッテリーと合わせれば航続可能距離は200kmに達し、EVバイクでロングツーリングだって夢じゃない。

カラフルなIonexの充電ステーション。シンプルデザインで、これなら走行中に遠くからでも充電ステーションを見つけやすそうだ。

次世代型マキシスクーターXCITING S 400は日本初公開。スマートナビゲーションシステムNoodoeを搭載している。

快適さとロングライドの実用性を兼ね備えるCシリーズコンセプトの1つ『CV3』。前2輪の3輪モデルだ。

キムコブースの場所は西3・4ホールの3-02。第45回東京モーターサイクルショー2018は3月25日(日)までなので、気になる人は要チェックだ。

取材・写真・文 = バイクブロス・マガジンズ編集部

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。