バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

【大阪モーターサイクルショー2018速報】BMW Motorradブース

掲載日: 2018年03月17日(土) 更新日: 2018年03月26日(月)

2018年3月16日(金)にインテックス大阪で開幕した第34回大阪モーターサイクルショー。本邦初公開となる新型モデルを持ち込んだBMWモトラッドブースの模様をお届けしよう。2017年のミラノショーで並列2気筒の新型Fシリーズと新型のマキシスクーターC400Xを発表したBMWモトラッドは大阪の会場でF750GSとF850GS、C400Xを初お披露目。また、昨年夏にサーキットユース専用として限定発売されたカーボン製フレームのHP4 Raceも展示。さらには人気のヘリテイジモデルR nineTシリーズも特設ブースを構えて独自の世界観を演出していた。大阪の会場では現行ラインナップのほとんどを網羅しており、スポーツからアドベンチャー、ツーリング、アーバンライフとBMWが提案する世界観をしっかりと体感できるはずだ。

エンジン、車体とそのすべてを一新した新生Fシリーズ。アドベンチャーツアラーのF850GSはフロント21インチの本格派。ホイールはBMWのGSシリーズでお馴染みのクロススポークを履く。また、従来はシート下にレイアウトしていた燃料タンクは通常のバイクと同じポジションへと移動。さらにチェーンの取り出しは一般的な左サイドになり、それによってマフラーは右サイドにレイアウトされている。


こちらはF750GS。ホイールはフロント19インチのキャストホイールを採用。基本的な車体構成はF850Sと共通だ。


キーレスエントリーとTFT液晶メーターを備えるコックピット。


Fシリーズ同様、2017年のミラノショーでデビューしたマキシスクーターC400X。これまでのBMWスクーターに比べると随分コンパクト。


スタイリッシュなデザインで若者からの注目も集めていた。現段階で価格は未公表だが、展示パネルには生産国中国とあった。BMWは四輪の世界では随分前から中国でも生産を行なっているがモトラッドとしては初かもしれない。


大阪モーターサイクルショー初日に価格を発表、同時に発売もアナウンスされたK1600 Grand America。価格は355万円で3月16日(金)から発売がスタートした。車体はバガーモデルのK1600Bがベースで、そこにトップケースなどの専用装備を備えテイル。


R1200RT Spezialは、R1200RTに専用のカラーリング、専用パターン&表皮のシートなどを備えた豪華な特別仕様。


こちらはK1600GTL Spezial。スポーツツアラー版のK1600GTにもSpezialが設定されており、ブースにも展示してある。


メーターがTFT液晶へと進化したR1200GSシリーズ。こちらはスポーティなラリースタイル。ブースにはR1200GSアドベンチャーも展示してある。


カーボン製のフレーム、外装、ホイールを装備し、レーストラック専用マシンとして生まれたHP4 Race。世界限定でリリースされた貴重なこの車両はステージ上に展示。もちろんブースにはS1000RRもある!


四輪・二輪両方で電動化を進めるBMW。このCエボリューションは完全な電動スクーターだ。


BMWブースにもインスタ映えスポットが! このブースではクールなグラフィティアートの前にG310Rが展示されている。跨りOKなので、写真を撮ったら「#BMWmcs2018」のハッシュタグをつけてSNSに投稿しよう!


シックなデザインのブースはR nineTシリーズの特設エリア。新作のオプションパーツを装着したR nineTも展示していた。


会場でディーラーでの試乗予約をすると、プロのシューシャインサービス(靴磨き)が受けられるサービスも展開していた。こういう試みもBMWらしい。


R nineTアーバンG/Sのブース。後ろには見慣れないジャケットが。


これはR nineTアーバンG/Sのイメージソースとなったコンセプト・ラックローズをイメージしたレザージャケット。アーバンG/Sのシート色に合わせた鮮やかな蛍光レッドがスタイリッシュ。世界限定1000着で発売するとのこと!


新型車など見どころの多いBMWブース。ほとんどのラインナップが揃うブースではBMWの世界を思う存分体感することができる。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!