【大阪モーターサイクルショー2018速報】ホンダブース

掲載日: 2018年03月16日(金) 更新日: 2018年03月16日(金)

インテックス大阪で2018年3月16日(金)に開幕した第34回大阪モーターサイクルショー。ホンダは東京モーターショー2017で発表したスーパーカブC125とモンキー125を市販予定車として出展したほか、新型フォルツァ(FORZA)を初お披露目した。キーレスエントリーや電動スクリーン、トラコンなど最新装備を満載した新型フォルツァは大きな注目を集めていた。また、発売がアナウンスされたばかりのCB125R・CB250Rをはじめ、ビッグタンクを装着したCRF1000Lアフリカツイン・アドベンチャースポーツも国内初お披露目となり、来場者の熱い視線を浴びていた。ではここから主な出展車両を写真で紹介していこう。


東京モーターショーで発表されたモンキー125。市販予定車としての出展だが、大阪モーターサイクルショーではフレームや外装にワインレッドを用いたカラーが初お披露目された。車体サイズは全長1,713mm × 全幅753mm × 全高1,030mm。エンジンは空冷4ストロークOHC単気筒。


市販予定車として展示されたスーパーカブC125。東京モーターショーと同じ車両のようだ。車体サイズは全長1,940mm × 全幅710mm × 全高1,002mm。エンジンはモンキー125同様に空冷4ストロークOHC単気筒。


完全新型として生まれ変わったフォルツァ。もちろん大阪が初お披露目。精悍なデザイン!


車体サイズは全長2,140mm × 全幅750mm × 全高1,355mm。エンジンは水冷4ストロークOHC 4バルブ単気筒で排気量は248ccだ。


ヘッドライト・テールランプは最近のホンダ・ビッグバイクにも通じるシャープかつ洗練されたデザイン。PCXシリーズとの協調も垣間見れる。


これが250ccクラスのスクーターなのか!?というほど高級感溢れるメーター。中央の液晶部には平均燃費や航続可能距離など多彩な情報を表示可能。


【左上&右上】新型フォルツァの嬉しい装備が電動スクリーン。左上が一番下げた状態で右上が一番上げた状態。左側スイッチボックスのボタン操作する。動作は静かでスムース。
【左下&右下】ラゲッジも充実。左側グローブボックス奧には12V2A(24W MAX)の電源ソケットを備える。シート下スペースはかなり広い。


これまた嬉しい装備がキーレスエントリー。ボタンの操作でロック解除なども行える。ハンドル下のツマミがイグニッションスイッチで、シートや給油口の開閉は右隣のボタンで行う。


先日新型が発表されたPCX。スタイリッシュなデザインに生まれ変わった。


ミラノショーで発表されたアフリカツイン・アドベンチャー・スポーツ。ビッグタンクや専用サスで武装したモデルだ。車体色に合わせたラリースーツやヘルメットも展示。


こちらも先日発売が発表されたCB125R(手前)とCB250R(奥)。期待の新型とあって、跨る人が絶えないほどの大人気!


早くもCB1000Rのカスタムコンセプトが展示されたいた。これはマジカルレーシングとYAMAMOTOのパーツで固めたコンセプト。フェンダーなど外装のほか、前後ホイールはBSTのカーボン! これも跨りオッケー。


発表されたばかりのCBR250RRの新色。スポーティーなカラーで若いライダーの注目度は抜群! 奥も新色のCRF250Rally。


ホンダブースのお姉さんたち。気さくに写真撮影に応じてくれた。今回紹介した車両以外でもGOLD WINGやRC213V-Sなど注目車も多いホンダブースはしっかりチェックしておきたい。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。