【東京モーターサイクルショー2018出展速報】インディアンブース

掲載日: 2018年03月23日(金) 更新日: 2018年03月23日(金)

本国アメリカでその存在感を高めているインディアンモーターサイクル。ここで、2018年3月23日(金)〜25日(日)まで東京ビッグサイトで開催されている第45回東京モータサイクルショー2018に出展したインディアンブースを速報でお伝え。開催初日となる23日(金)の10時30分から開催されたプレスカンファレンスでは本国ポラリスインダストリーズよりジョアンナ氏を迎え、プレゼンテーションが行われた。展示された車両は最新2018年モデルの7機種で、その中でもフラッグシップモデルのロードマスターエリートは別格の仕上がりを誇っている。それでは早速インディアンブースをレポート!


第45回東京モータサイクルショー2018に出展を果たしたインディアンモーターサイクル。ブースには最新2018年モデルの7機種が展示された。


本国ポラリスインダストリーズのジョアンナ氏によるプレスカンファレンスではグループ全体での好調な業績などが発表された。


サンダーストローク111エンジンを搭載するフラッグシップモデルのロードマスターエリート。なんと23Kを使用した金のエンブレムが取り付けられている。


シンプルなスタリングが特徴のチーフ。エンジンはサンダーストローク111エンジンを搭載し、その走行性能には定評があるモデルだ。


インディアンブースの女性コンパニオン。キュートなカウガールスタイルがインディアンにベストマッチ!


足周りを中心にアップデイトが施された2018年式スカウト。エンジンは排気量1133ccの水冷4ストロークDOHCV型2気筒が搭載されている。


排気量983ccの水冷4ストロークDOHCV型2気筒を搭載するスカウト シックスティ。乗り手を選ばない操作性の高いマシンに仕上げられている。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。