【東京モーターサイクルショー2018出展速報】ドゥカティブース

掲載日: 2018年03月23日(金) 更新日: 2018年03月23日(金)

バイクシーズンの到来を告げる第45回東京モータサイクルショー2018が、2018年3月23日(金)〜25日(日)まで東京ビッグサイトで開催されている。ここで出展を果たしたドゥカティブースの模様をレポートしよう。23日(金)の12時から行われたドゥカティジャパン代表取締役のマッツ・リンドストレーム氏によるプレスカンファレンスでは、世界的に好調な業績の発表と、ニューモデルのプレゼンテーションが行われた。ドゥカティブース最大の目玉は4気筒エンジンを搭載する初の量産型ドゥカティであるパニガーレV4だろう。ブースの中央にはパニガーレV4のスケルトンモデルも展示され、多くの来場者の注目を集めていた。


赤と白を基調とした第45回東京モータサイクルショー2018のドゥカティブース。


ドゥカティジャパン代表取締役のマッツ・リンドストレーム氏によるプレスカンファレンスでは多くのメディアが集まった。


ドゥカティ最大の注目モデルであるパニガーレV4。こちらの車両には実際に跨がってポジションを確認することができる。


会場のセンターには外装が取り去られたパニガーレV4のスケルトンモデルも展示。ドゥカティ最新のテクノロジ−が凝縮された旗艦モデルである。


実際にパニガーレV4に跨がってポジションを確認できるとあって、多くの来場者が列をなしていた。


アップグレードされた新型ムルティストラーダ1260S。エンジンには1262ccの新しいドゥカティ・テスタストレッタDVTを新型シャシーに搭載している。


モンスターの登場から25年経過したことを記念して大幅なアップブレードが施された新型モンスター821。デイリーユースに最適なモデルである。


ドゥカティガールがオススメするモンスター登場25周年を記念した「#モンスター25」キャンペーン。


コチラはイエローを基調としたスクランブラーエリア。スクランブラーカフェレーサーにスクランブラーシックスティ2、そして新型スクランブラー1100が展示された。


排気量1079ccにアップされたスクランブラー1100。スクランブラーが掲げる「Land of Joy」の世界がさらに広がった。


コチラはオーリンズ製サスペンションを前後に装備した上級モデルのスクランブラー1100スポーツ。マットブラックのカラーリングがスパルタンな印象だ。


アルミ製の前後フェンダーやクローム仕上げのエグゾーストパイプ、専用シートを装備したスクランブラー1100スペシャル。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ