バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

【東京モーターサイクルショー2018出展速報】トライアンフブース

掲載日: 2018年03月23日(金) 更新日: 2018年03月23日(金)

東京ビッグサイトにて本日2018年3月23日(金)から3月25日(日)まで開催されている第45回東京モーターサイクルショー2018に出展しているトライアンフブースをレポート。冒頭のプレスカンファレンスではトライアンフモーターサイクルズジャパン、代表取締役の野田一夫氏により、2019年シーズンより、Moto2チャンピオンシップにエンジン供給を行うトライアンフの3気筒エンジンの紹介にはじまり、そのテスト車両に試乗したモーターサイクルジャーナリストのケニー佐川氏が登壇し、マシンの印象が語られた。さらに刷新された新型タイガーのプレゼンテーションやニューモデルのボンネビルスピードマスターの紹介も行われた。


第45回東京モーターサイクルショーのトライアンフブース。話題のニューモデルが目白押し!


プレスカンファレンスでMoto2のテスト車両に試乗した印象を語るモーターサイクルジャーナリストのケニー佐川氏(右)。左はトライアンフモーターサイクルズジャパン、代表取締役の野田一夫氏。


新型タイガー800XCA。旧モデルと比べて最大11kgの軽量化にエンジンの大幅アップデートなどで最高のアドベンチャーバイクに仕上げられている。


新型タイガー1200XCA。究極のアドベンチャーライディングを目指すライダーに相応しいモデルである。


コチラの新型タイガー800XRは、エンジンやシャシーなど200箇所以上の改良が加えられたロード指向が強いアドベンチャーバイク。


オンロード性能が強化された新型タイガー1200XRT。5種類のライディングモード、グリップ&シートヒーター、電動調整式のスクリーンなどの最新装備が搭載されている。


素敵な笑顔のトラガール。WEBアンケートに回答し、最新のポスターカタログがもらえるキャンペーン中。


2019年シーズンより、Moto2チャンピオンシップにエンジン供給を行う排気量765ccの3気筒エンジンも展示。


クラシックカスタムアイコンのボンネビル スピードマスター。モダンクラシックシリーズの最新モデルである。発売は春以降に予定されている。


クロにこだわり、前後16インチホイールを装備したボンネビル ボバーブラック。独自のリジッドスタイルフレームにより、シンプルかつ美しいスタイリングが際立っている。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。