【編集部コラム】通行止めが続く「道志みち」開通は2019年3月のようです

掲載日: 2018年11月12日(月) 更新日: 2018年11月12日(月)
カテゴリー: 日刊バイクブロス   

皆さんこんにちわ!今週もやってまいりました月曜日。石井の日刊バイクブロス更新担当日です。さて先週、山梨界隈へツーリングするライダーなら誰もが気になっているであろうニュースが飛び込んで来ました。

>>土砂崩れの国道413号 来年3月開通へ 五輪イベント予定通り(外部リンク)

都内のライダーが週末ぷらっとどこに行こうか、って時に大抵選択肢の1つとしてあがる「道志みち」。その一部区間が今年、台風24号の影響で土砂崩れを起こしてしまって今(11月12日現在)も一部区間が通行止めとなっているんですよ。

2019年3月下旬には暫定開通する旨を相模原市が発表したので、ライダーにとっては少し早い冬休み。少し暖かくなりはじめる頃までお預けですね(県道76号経由でのアクセスなら山中湖まで抜けられそうですが)。

ところで、なんでこんな写真をもっているかというと、土砂崩れの情報をうっかり忘れて現地まで行ってしまったから。「今日はバイクが少ないなー」なんて思っていたら通行止めの看板とご対面。しょうがないからと頭文字Dの聖地としてもお馴染みのヤビツ峠(県道70号)へバイクを走らせたら……、

ヤビツ峠も同じく通行止めでした。

調べてみたら6月の道路斜面崩落で通行止めとなってしまい、その後も引き続き崩落などが発生しているようで道志みち以上に重症みたいですね。

今年は特に異常気象が続きましたし、皆さんの手頃なツーリングスポットは大丈夫でしょうか。石井は、行きつけにしていた高速を使わない日帰りツーリングスポット達がここ数年で6~7割減ってしまったので、そろそろ愛車にETCをつけようか迷っているところ。

それではまた次回お会いしましょー!ばいばーい!

バイクブロスなら道志みちが登場する記事がこんなにいっぱい!>>

(バイクブロス編集部 ishii)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ