バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

【編集部コラム】白バイ野郎ジョン&パンチ

掲載日: 2018年03月08日(木) 更新日: 2018年03月08日(木)
カテゴリー: 日刊バイクブロス   

どもども海外ドラマ大好きRyoTです。

先日、東京・神田の『マーチエキュート神田万世橋』で行われたカワサキのカンファレンスに行ったら、こんなバイクがあったんですよ!

ハイ、KZ1000Pです!
言わずと知れたCHiPS(California Highway Patrol)御用達の白バイです。小学校低学年の頃だったか、僕が住んでいた地方では土曜日のお昼にアメリカのTVシリーズ「白バイ野郎ジョン&パンチ」を放送してましてね。土曜の半ドン(死語?)を終えて学校からダッシュで戻って毎週欠かさずドラマを観てました。
白バイ野郎ジョン&パンチは、2人組みのハイウェイパトロール警官のジョンとパンチが日々遭遇する悪党を白バイでやっつけるという一話完結のドラマ。毎回派手なバイクスタントが見ものでして、当時からカーアクションが大好きだった僕はもう夢中になってました。

と言ってもドラマを観てたのは80年代半ばの話なんで、今となってはどっちがジョンでどっちがパンチだったかもまったく覚えてないんですが(笑)、当時の熱狂的なファンとしては、オリジナルの車両をまじまじ見るのがこれが初めて。ここぞとばかりに写真を撮りまくりました。

見てくださいよ、この野暮ったいカウル。時代を感じるデザインがたまりません! カワサキ製なんですかね? 最近はハーレーの世界でもエボ時代のFXRTとか、あえて純正カウルそのまんまで乗る人とかいるじゃないですか。昔はダッセー!(失礼)と思ってたんですが、最近は2周くらい回ってカッコイイじゃんと思えるようになりました(笑)。
ちなみにヘッドライト両脇は赤色灯です。アメリカだとパトカーのランプって青だと思ってましたが。

ちょい引きで全体を。プルバックハンドルとでっかいシートでなんだかノンビリした雰囲気。この佇まいからはコイツがハイウェイを激走するイメージはまったくありません。でもドラマの中では、2人がこのバイクでものすごいスタントをやるんですよね。覚えてるエピソードとしては、どっちかのバイクのフロントアクスルが緩んであわや転倒! という寸前に相方のバイクに飛び移ったりとか。

カワサキ所蔵の車両ということで隅々までピッカピカ! J系エンジンもサビひとつありません。フットボードや踏み替え式のシフトペダルがアメリカ的です。

ブレーキペダルは結構遠い。大男じゃないとしっかり踏めないんじゃ……。

マイル併記のメーター。120マイルまでしか目盛りがありません。例えばコイツでスピード違反のCB1100Rとかの追尾できたんですかね? そうそう、なぜかこの車両には速度計測機とかサイレンのスイッチとか、ポリスバイクならではの専用装備があまり付いてませんでした。あ、よく見たら新車ですねこれ。

テール周り。左右の箱には反則切符とか入れてたんでしょうか。バンパーはかなりごっついです。カリフォルニアのちっこいナンバープレートを収めるホルダーには青色灯が。テールランプはZ-LTD系と同じですね。当時アメリカでこのKZ1000Pに捕まっちゃったという方がいたらぜひお話を聞いてみたいです(笑)。

サイドカバーのエンブレムもなんだか警察っぽいデザインでイイ感じ。このKZ1000Pが大活躍するドラマは「白バイ野郎ジョン&パンチ」が有名ですが、映画だと「ターミネーター2」もありますね。ただ、僕的に一番好きなのはやっぱり「リーサル・ウェポン3」です。メル・ギブソンがKZ1000Pで大爆走して最後はド派手に……おっと観てない方もいると思うのでここでは伏せておきましょう。

そういえば、一昨年くらいから海外サイトで「白バイ野郎ジョン&パンチ」のリメイク映画の話題が出てたんですが、その後どうなったんでしょうね。バイクはBMWのR1200RTですが。。

ということでまた長くなっちゃいましたが、KZ1000Pの紹介でした。ちなみに『マーチエキュート神田万世橋カワサキショールーム』ではカワサキ所蔵のバイクが不定期で入れ替わってるそうですよ。今はGPZ400RとA7 Avengerが展示中とのこと。気になる方はぜひチェック!

 

日々色んなバイクのネタを記事にしてますが、滅多に白バイネタなんてないので、日本の白バイを紹介した記事も貼っておきましょう。ではではー!
取材先でみつけたホンダ CB750P ポリス K4をご紹介!

 

 

 

 

 

 

(バイクブロス編集部 RyoT)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!