バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

【編集部コラム】恐るべし精密機械のドゥカティ・パニガーレV4

掲載日: 2018年05月31日(木) 更新日: 2018年05月31日(木)

ドゥカティ・スーパースポーツの新たなフラッグシップ、パニガーレV4。搭載されるモトGP直系のV4エンジン「デスモセディチ・ストラダーレ」は1,103ccの排気量で214psを発揮し、1.1ps/kgというパワーウエイトレシオを実現。パニガーレV4はまさにモンスターマシンと言えるだろう。

しかし、しかしである。ドゥカティ最新のエロクトロニクス技術が、これでもかというほど搭載され、すべてのライダーがその刺激的な走りを堪能できるよう緻密に調整されている。ドゥカティ・トラクション・コントロールEVOにスライド・コントロール、パワー・ローンチ、ウィリー・コントロールEVO、コーナリングABS EVO、エレクトロニック・サスペンションなどなど、最新世代のエレクトロニクス・コントロールでマシンを制御することができる精密機械なのである。

マスの集中化が図られたシャシーのキモはフロント・フレームと名付けられた重量わずか4.2kgのフレームと、1.9kgのリア・サブフレーム、片持ち式のスイングアームも5.1kgと徹底的に軽量化が図られている。シート下に潜り込むように伸びたアルミ製フューエルタンクの重量に関してもわずか3.1kgである。

そんなパニガーレV4のメディア向けワークショップのレポートは下記のリンクからどうぞ!

ドゥカティ・パニガーレV4のメディア向けワークショップのレポートを見る

(バイクブロス編集部 narita)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。