バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

DVD『2017MotoGP(TM)公式DVD Round17マレーシアGP』発売

掲載日: 2017年12月05日(火) 更新日: 2017年12月05日(火)
カテゴリー: 書籍・DVD  タグ: ,  

リリース = 株式会社ウィック・ビジュアル・ビュ-ロウ

ウィック・ビジュアル・ビュ-ロウから『2017MotoGP(TM)公式DVD Round17 マレーシアGP』が2017年11月19日(日)に二輪用品店で先行発売される。レースの全てをノーカットで収録、レース前グリッド選手紹介や表彰台インタビューはもちろん、予選ダイジェストやパドックの様子、各メーカーの特集や毎レースごとのパドックガール映像など特典映像に加え、Moto2(TM)Moto3(TM)ハイライト収録など充実した内容になっている。一般発売は同年11月27日(月)から。

【新譜DVDご案内】
2017MotoGP(TM)公式DVD
Round17 マレーシアGP

■タイトル/2017MotoGP TM公式DVD Round17 マレーシアGP
■発売日
二輪用品店先行発売日:2017年11月19日(日)
一般発売日:2017年11月27日(月)
■本体価格/2,190円(税抜き)
■DVD品番/WVD-444
■JANコード/4938966013221
■仕様/DVD片面1層/本編:68分 特典映像:25分
リージョン2/カラー/16:9ワイド/音声:1.日本語実況・解説+環境音 2.環境音 3.グランドスタンド席/ドルビーデジタル/ステレオ/7mmトールケース

(c)2017 DORNA SPORTS,S.L.

【世界最高峰2輪ロードレース MotoGP!】

開幕から最終戦まで全18戦をラウンド毎レース終了約3週間後に発売。最高峰MotoGPクラスのノーカットレース映像はもちろん、サーキット情報、予選ダイジェスト、ライダーインタビュー、レース後ニュース、Moto2(TM)Moto3(TM)ハイライト、各メーカーの特集、さらにパドックガールも毎レース収録!TVでは決して見られないMotoGP(TM)の魅力が存分に詰った、究極のMotoGP(TM)アイテム!

■実況/みし奈 昌俊
豊富な経験に基づく実況には定評があり、臨場感あふれるアナウンスには数多くのファンがいる。レース実況はもちろん、みし奈昌俊!
1.実況+環境音(現場音)
2.環境音(現場音)
3.実況グランドスタンド席風
(※リモコン音声ボタンにて切り替え可能)
玄人も唸るみし奈昌俊の実況を、じっくりと聞きながらレースを楽しめるように、DVD音声切替え3トラック目に“世界中のサーキットのスタンドでレース観戦しているかのような”「グランドスタンド風」のチャンネルを追加!メイン実況を臨場感のある音声で楽しもう!白熱のレースは何度観ても興奮間違いなし!

【Round17 マレーシアGP

★MotoGP(TM)レース
レース前グリット選手紹介/MotoGP(TM)ノーカットフルレース/表彰式/表彰台3名インタビュー/レース後ニュース

【特典映像】
・開催地紹介
・サーキット情報オンボード映像
・MotoGP(TM)予選ハイライト
・Moto2(TM)/Moto3(TM)ハイライト
・ミシュランレポート
・日本人ライダーインタビュー
・ライダーインタビュー
・ワークショップ
・パドックガール

タイトル争いは最終戦へ!
ドゥカティがワン・ツー・フィニッシュ

第17戦マレーシアGP。D.ペドロサが今季3度目のP.P.を獲得。M.マルケスは今季初めて3列目からのスタート。決勝前に雨が降り始めウェットレースとなった。序盤は抜け出したJ.ザルコの独走状態となり、J.ロレンソが追走する。A.ドヴィツィオーゾはペドロサ、マルケスをとらえると、次にザルコとロレンソの背中を追う。中盤までドヴィツィオーゾの背後につけていたマルケスだったがその差は徐々に広がっていく。レース後半、ロレンソとドヴィツィオーゾがザルコをかわしワン・ツー体制を築く。 ファステストラップを刻みながら周回を重ねるロレンソだったが、ドヴィツィオーゾもまた最速ラップを更新し、じわりじわりとロレンソに詰め寄る。そして終盤、ロレンソのミスを突きトップに躍り出るとそのまま逃げ切りチェッカー。マルケスとのポイント差を21と挽回し、タイトル争いを最終戦に持ち越した。

[ お問い合わせ ]
株式会社ウィック・ビジュアル・ビュ-ロウ
TEL/0120-19-8195

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう

この記事を読んでいる方におすすめの商品